コバヤシのSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エス・ディ ー ・ ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さないこと (leave no one behind)を誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。株式会社コバヤシは、この理念ならびに目標に賛同し、弊社事業を通じてSDGs(持続可能な開発目標)を推進し、その実現と社会の持続的発展に貢献していきます。

地球環境に優しく、
子育てをしやすい
環境づくりに貢献しています

コバヤシは「首都圏住まいを創る会」の事務局です

コバヤシは「首都圏住まいを創る会」の事務局として住む人だけでなく地域の方々や地球環境にも優しい住まいの普及活動を支援しています。
「首都圏住まいを創る会」が推進する「首都圏ココロ・つながる家」は、自然エネルギーを取り入れつつ、断熱、遮熱に考慮したパッシブ的な長期優良住宅・認定低炭素住宅・ゼロ・エネルギー住宅を目指しています。

地域への感謝を込めて清掃活動を行っています

コバヤシでは地域への感謝をこめ、また、お客様に気持ちよくご来社いただけるよう、社員が毎朝本社の周辺を掃除しています。

ストック型社会への
転換を後押ししています

コバヤシは「住活協リフォーム」の地域支部です

「住活協リフォーム」は国土交通省の定める「住宅リフォーム事業者団体登録制度」の認定団体で、 リフォームにおけるユーザーの様々な悩みや不安をくみ取り、解消することにより、豊かで快適なすまいづくりの実現に貢献するという理念のもとに活動しています。 コバヤシは「住活協リフォーム」の地域支部として住宅リフォーム事業の健全な発展に努めています。

建築物の長寿命化につながる施工を推進しています

コバヤシでは外壁のリノベーションをはじめ、高品質の改修施工を施すことにより、建物の長寿命化をはかり、限りある資源の浪費抑制と持続可能なまちづくりの実現へ貢献します。

安心して活躍できる、
働き甲斐のある職場づくりに
努めています

コバヤシは健康保険組合の取組である「健康企業宣言」に参加しています

・検診を100%受診します
・健康づくり環境を整えます
・「運動」に取組みます
・「心の健康」に取組みます

・検診結果の活用をします
・「食」に取組みます
・「禁煙」に取組みます

育児、介護への支援を行い、働き続けられる環境を整えています

・育児休業、介護休業の制度を設けています
・育児休暇、子の看護休暇に加え、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員に対して短時間勤務を認めています

働き方改革に取り組んでいます

・労使間の協定に基づいた労働時間などを踏まえ、従業員が過重な勤務とならないように管理しています
・リモートワーク、時間単位年休制度など、柔軟な働き方ができる環境を整備しています

〒187-8558
東京都小平市喜平町1-10-7

TEL042-322-5977
(営業開発部)

総務部へのご用件はこちら

TEL042-323-2277

お問い合わせフォームはこちら